人なつこい 抜け毛が少ない

ミニチュアダックスフントを飼っていました。
去年亡くなり、ペットロスから全く抜け出せない状況です。
うちの子は、男の子でしたが、家族にしか懐かず警戒心の強い裏を返せば賢い子でした。
仕事で留守が多く、帰宅すると狂喜乱舞の歓迎ぶりで、絶えず気になって急いで帰っていました。
本当に喋り出すのではないかと思うほど、こちらの気持ちを敏感に察してくれて、無心に愛してくれて、どれほどこちらが頼っていたか、癒してもらっていたか、言葉で言い尽くせません。

散歩はあまり好きではなく、うちの中ではいっさい排泄しない子だったので、外で排泄が終わったらすぐ帰ろうとしてました。
寒がりで、寝るときは冬はコタツの中、私が寝るときは必ず布団の中にもぐってきました。

他人が来ると大声で吠え、インターホンが鳴っても大声で吠え続けるので、相手の声が聞こえず、毎回大声で答えないといけないのが困りました。

絶えず皆が居ないと不安なのか、家族が揃うと嬉しそうに間に座りにきて、くっついてました。甘えん坊で、でもそれが可愛くて嬉しくて、じっと目を見てこちらの気持ちをよく察してくれました。

お手、おすわり、待て、はもちろん、バーンとピストルで打つマネをすると、打たれて仰向けになる芸も完璧でした。

12歳の誕生日月、去年はうるう年で、2月29日の朝、天国に逝きました。
命日が四年に一度しか来ないのはより悲しさが増します。

もう、あの子以上の子は考えられないのでこれからペットを迎え入れることは考えられません。
外で散歩させておられるのを見るだけで、泣きそうになってます。

でもあの子に出会えたことも、私たちを幸せにしてくれたことも、とても感謝しています。
最高の家族でした。

«
»