犬を飼うお宅が最近増えたように思う

最近、どうしたことか近所で犬を飼う人が増えました。
恐らく昨年くらいからだったと思います。
もともと飼っているお宅が多いのは知っていたのですが、それ以上に今はほとんどのお宅で飼っているといっても良いほどです。
中にはとにかく動物が大好きで、犬に限らず色んな種類の動物がいるお宅もあります。
天気の良い日などは、ちょっと変わった毛がフサフサした小さな動物を抱えてお散歩していたり、開けている窓から鳴き声が聞こえてきたり。
何だかとても穏やかだなと、こちらまでニッコリしてしまいます。
でも、現在は益々動物が多くなっていて、至る所から犬の鳴き声が聞こえてくる状態
犬の散歩をしてる方も大勢見られます。
飼い主さんから、「うるさくないですか?」と気遣って頂くこともありますが、私たちは全く気にならないので「大丈夫ですよ」と答えています。
子供が大きくなって手を離れ、その寂しさを埋める為に動物を飼いだしたと聞くこともあります。
これは、何だか私も理解できるような気がします。
我が家ではまだまだ先の話しですが、たぶんその時が来たらきっと寂しくなることでしょう。
もしかしたら、犬を飼うことになるかもしれませんね。
これまでも、何度か飼う話も出ていましたから、十分考えられることです。
ちょっと強面の男性が、小さな犬の散歩をさせているところを見ると、微笑ましくなってきます。
その意外性と言ったら失礼かもしれませんが、苦手だった人も、少し近くなったような気がして嬉しいのです。
実は優しい人なんだなと、そんな印象を受けるのです。

«